モーターツール リューター ガンプラ、フィギュア、カーモデル、スケールモデルに使用できます。

モーターツール リューター

 模型用モーターツールに大切な機能は何だと思いますか?

最高回転数でしょうか?
 

最高20,000rpmとか40,000rpmとか最高回転数をウリにしているモーターツールがありますが、
模型においては大切な機能ではありません
(とは言っても当モーターツールも業務用なので最高35,000rpmありますが・・・)
 
プラスチックやレジンを削るにあたり、そのような高回転を使うことはありません。
 
プラスチックに使おうものならパーツが摩擦熱で溶けてしまい、ビットにプラスチックが
まとわりついて使えなくなってしまいます。

 
プラモデルやレジンキットにとって20,000rpm以上はオーバースペックです。
 
プロや上級者の中には効率を求め、高回転を使いこなしている方もいらっしゃいますが、
相当の熟練したテクニックを身につけた方なのです。

30,000rpmの高速回転でパーツを削っているとき、万が一、手を滑らしたりすると、
大怪我の可能性があるので、多くの方には高回転使用をお勧めしません。
 
そこで、当店が提案する模型用モーターツールに大切な機能とは

●低回転(トルク)
●軸の精度

以上の2点です。
 
低回転(トルク)について
 
前述したとおり模型用モーターツールに高回転は必要ありません。
 
最も大切なのは0〜3000rpmの領域です。プラスチックを溶かさず削ることができる回転数です。
 
回転数を調整できないものや最低が3000rpm以上からのものは模型用としてはお勧めしません。
 
模型製作は繊細な作業が多く、ピンバイスで開口する、小さいパーツを少しだけ加工するといった
作業があります。
 
そのような場合、限りなく回転数をゼロに近づけ、ビットが止まりそうなくらい回転数を下げる
必要があるので、微調整ができるダイヤル式のモーターツールをおすすめします。
 
さらに低回転で大切な能力はトルクです。

おもちゃみたいなモーターツールだと低回転でパーツにビットを当てると止まってしまいます。
その点、当店の取り扱っているモーターツールは業務用なので低回転でもトルクがあるので
安心してご使用頂けます。
 
軸の精度について
 
次に大切なのは軸の精度です。
軸の精度というのはモーターツールの芯がどれくらいブレているのかを言います。
このブレが少なければ少ないほど精度が高いモーターツールと言う事になります。
モーターツールの良し悪しはこの精度が全てと言っても良いと思います。
 
業務用と汎用品(概ね1万円未満で販売されている物)ではどれくらいの差があるのか検証してみましょう。

実験に用意したのはプラ板とステンレス棒です。
公正を期すため、プラ板をあてる場所とチャックをくわえる場所にマジックでラインを引きました。


下記画像のように約10,000rpmでステンレス棒を回転させ、先端にプラ板を当てます
この時プラ板の先端のブレが大きい程、軸の精度が悪いということになります。 

                          左側 静芯                                                           右側 汎用品

結果はご覧のとおりです。


シャッタースピードを3秒にして撮影しました。

上段の汎用品はプラ板の先端が上下にぶれています。
ステンレス棒のプラ板付近も若干ブレているのがわかります。

一方、スジボリ堂モーターツール静芯はプラ板の先端が全くブレていません。
ステンレス棒のプラ板付近もブレは全く見られません。
止まっているような写真に見えますが、決してヤラセではなく、約10,000rpmで回転させています。
(誤解のないように正直に言いますと、写真には写っていませんが、若干は動いています。)

この検証でおわかりのように一万円未満の汎用品と高価な業務用では価格差以上の決定的な差があります。

 
連続使用が可能です。正・逆回転がついています。回転数は0〜35,000rpmの無段階スピードコントロール。


精密防塵機構。チャックはワンタッチ開閉式。
 

両手が使える、ON/OFFフットスイッチ


目を守る防護メガネ


粉塵を防ぐ防護マスク


ダイヤモンドビット30本セット


ハンドピース用モータースタンド

スジボリ堂 高精度モータツール 静芯はモーターツールの精度と価格の限界に挑戦しました。

ホビー用の汎用品をお持ちの方で、もうワンランク上のモーターツールをお考えの方におすすめします。
 
初めてモーターツールの購入を考えている方にも、汎用品と比べるとお高くなってしまいますが、
価格差では補えない決定的な能力の差があるので、こちらをおすすめします。

本格派モーターツールのがっちりした剛性振動の少なさ、なによりビットをパーツに
当てたときの一体感をお試しください。

 

表示件数:
画像: 高精度 モータツール 静芯V2 スーパーホワイト

高精度 モータツール 静芯V2 スーパーホワイト [MT0600]

19,500円
 
画像: 高精度 モータツール 静芯V2 ブラック

高精度 モータツール 静芯V2 ブラック [MT0200]

19,500円
 
画像: CreateIII マイクロモーターセット フットペダル、ダイヤモンドビット30本付

CreateIII マイクロモーターセット フットペダル、ダイヤモンドビット30本付 [MT0010]

29,500円
 
画像: 魁マイクログラインダー SG-30

魁マイクログラインダー SG-30 [MT0800]

13,000円
 
画像: ウルトラルーター エックス

ウルトラルーター エックス [MT0700]

7,992円
 
(5件/5件)
ホーム | ショッピングカート 特定商取引法表示 | ご利用案内
Powered by おちゃのこネット