ガンプラ、フィギュアの段落ちモールドを作るツールです。
ホーム 商品カテゴリ一覧: 切削ツール-カンナ > BMCダンモ
商品一覧
切削ツール-カンナ > BMCダンモ
商品並び替え:

BMCダンモはパーツのエッジを直角に切削し、段落ちモールドを作る工具です。

刃先の材質はあのBMCタガネと同じ、タングステンなので
高い耐久性と高い精度を誇ります。

今まで段落ちモールドは治具を使いながら苦労をして作りましたが、できるだけ簡単きれいに
できることをコンセプトとして設計しました。

キャラクターモデルのスケールにあわせ0.5ミリと0.8ミリの刃を選択できるようにしました。
先端の平らな部分は通常のカンナがけとしても使用できます。



用途と形状に関して実用新案登録意匠登録を行いました。



刃先の側面を丸くすることによってパーツの横は削られないようになっています。
難加工材質のタングステンにこのような加工を施すのは高度な技術を要します。


キャラクターモデルのパーツを使用して段落ちモールドを作ります。
一般的な合わせ目に段落ちモールドを入れることによって、ぐっと雰囲気がよくなります。

使い方は簡単です。

パーツのエッジ部分に刃を当てて、先端の凸部をガイドにして垂直に刃を下げていきます。
この時、刃の倒す角度や力の入れ具合により削ることができる量が変化します。

コツは力を入れず何度も薄く削ることです。
力を入れると刃が逸れたり、部分的に削り量が増えたりして美しい段落ちモールドになりません。
特に両端が削られにくい箇所なので注意します。

上級者が多いスジボリ堂ユーザー様
はこれだけでは満足して頂けないかもしれませんので、
さらに精度を高めるために、BMCタガネやデザインナイフでモールドをよりシャープにします。
微細なビビリが気になる方は耐水ペーパーで軽くさらってやるとより美しい仕上がりになります。



 段落ちモールドにすることで、通常の合わせ目より意匠性が高まりました。

 
上級者編
段落ちモールドを曲線部に施す場合は難易度が上がります。
直線のように一度に掘ろうとするとカーブのところで刃が逸れてしまうためです。
スジボリと同様に一度それてしまうと掘りグセが付きリカバリーが難しくなります。


それを防ぐためには、掘る距離を短くし、(概ね1cm以内)つなぎあわせていく方法が有効です。
短い距離で掘る量を一定にし、ある程度掘りグセがついたら、全体をなぞっていきます。


ここで、鬼のこだわりを持つスジボリ堂ユーザー様に、段落ちモールドをより立体的に見せる
方法をご紹介します。

方法は段落ちモールドの端部をBMCタガネで掘り込むと言うものです。
端部のエッジをシャープにする意味合いもありますが、少し掘り込むことによって、エッジに微細な
影ができ、段落ちモールドがより立体的に見える効果があります。

使用するBMCタガネは太いものを使用すると、ただのスジボリにみえてしまうので、できるだけ細い、
0.075mmまたは0.10mmを使用すると違和感のない立体段落ちモールドを表現できると思います。



左0.4mm、右0.8mmの段落ちモールドを掘り込みました。
BMCタガネ0.10mmで端部を掘り込むことにより、細い影ができており、より立体的に見えるのが
おわかり頂けるでしょうか。


 
・今まで段落ちモールドを作るのを苦労していた方にお勧めします。
・キャラクターモデルにワンランク上の意匠性を求めている方にお勧めします。
・誰よりも繊細な作業が好きな方にお勧めします。
 

 

登録アイテム数: 2件
  説明付き一覧    写真のみ一覧
BMCダンモ 段落ち幅 0.5mm  0.8mm

BMCダンモ 段落ち幅 0.5mm 0.8mm
[dan010]

4,104円
段落ちモールドを作るのに最適です。 0.5ミリと0.8ミリの刃を選択できるようにしました。 BMCタガネと同じタングステンの刃を採用したため、加工精度と耐久性がセラミックに比べ飛躍…
BMCダンモ 段落ち幅 1.0mm  1.5mm

BMCダンモ 段落ち幅 1.0mm 1.5mm
[dan020]

4,104円
段落ちモールドを作るのに最適です。 1.0ミリと1.5ミリの刃を選択できるようにしました。 BMCタガネと同じタングステンの刃を採用したため、加工精度と耐久性がセラミックに比べ飛躍…
  説明付き一覧    写真のみ一覧
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス