BMCタガネを研磨(研ぎ直し)する工具です。切れ味が復活します。ガンプラ、フィギュア、プラモデルに使用できます。
ホーム BMCタガネ > BMCタガネ研磨
商品一覧
BMCタガネ > BMCタガネ研磨
商品並び替え:

BMCタガネの刃先はタングステンという非常に硬い材質でできています。

ステンレス製の刃物と異なり、耐久性が非常に優れています。

切れ味も時間をかけて少しずつ悪くなることから、そのまま気づかずに何年も使用している方も多いのでは
ないでしょうか。

切れ味が悪いと、エッジのたった美しいスジボリを施すことができる、BMCタガネ本来の性能を引き出す
ことができません。

久しぶりにBMCタガネを購入したところ、新品の切れ味の違いに驚かれる方も多いと思います。

力を入れずとも、カンナくずのごとく、スジボリを簡単きれいに施すことができる、あの感覚です。


新品の切れ味をご自身の手で復活させたい、いつも最高の切れ味を求めたい、

そのようなモデラーの方に、BMCタガネ研磨ホルダーをご紹介します。

BMCタガネは刃先が非常に硬いため、フリーハンドで刃付けをすると指先に力が入り、正確な角度で
研ぐことができません。

BMCタガネ研磨ホルダーに挿入し、ネジで固定してから研磨(研ぎ直し)をすることにより正確な刃付けが
可能になります。


BMCタガネは、一般的な砥石では研ぐことができません。(砥石がへこむか、とても時間がかかります。)

そこで、砥石の代わりにダイヤモンドプレートを使用します。


刃先の状態がわかりやすいよう、幅2.0mmを例に説明します。

研ぎ直しをするタガネの刃先を拡大すると、刃先が欠けているのがわかります。

普段使っていると気づきませんが、拡大することによって切れ味が悪くなった原因を確認できます。



研磨ホルダーにBMCタガネをセットし、刃先の浮きを確認します。



刃先の先端が浮いているようであれば、BMCタガネを後ろに引いて、刃先がダイヤモンドプレートと水平に
なるよう調整します。

この時大切なのは、浮いたままだと刃先を研ぐことができないので、刃先を押し付け気味にすることです。


次に左右の角度調整を行います。

基本的に0度の位置にセットし、次の工程で微調整します。


上記の状態で、刃先を油性ペンで黒く塗り、3000番のダイヤモンドプレートで軽く研ぎます。

この画像を例にすると、左側の傾きが大きいので、角度調整ネジで微調整します。

また、刃先の下側が削られており、先端にまで力が伝わっていないので、少しだけBMCタガネ本体を前に出し、
刃先を立てます。 

 


研ぎ直しのコツは力を入れず何度も往復させることです。

押す時は軽く研ぎます。



引くときに少し力を入れ、刃先を押し付ける感じで、刃をつけていきます。




慣れてくると、前後にすばやく動かすことができ、タングステンの黒い削り粉が出ます。



刃先の欠けがなくなり、横から見ても先端が鋭角になりました。

これで、あの新品のような切れ味が復活しました。

 

BMCタガネの状態により、ダイヤモンドプレートを使い分けて下さい。

すべて3000番で仕上げようとすると、刃先が硬いため作業効率が落ち、時間がかかってしまいます。


目視では確認できない微細な欠けがある場合、または、切れ味が悪くなったと感じた場合は、
ダイヤモンドプレートの3000番をおすすめします。


よく見るとわかる微細な欠けがある場合は、中仕上げに800番最終仕上げに3000番
ダイヤモンドプレートをおすすめします。




目視ではっきりわかる欠けがある場合、刃先の角が大きく欠けている場合は、粗仕上げに400番
中仕上げに800番最終仕上げに3000番のダイヤモンドプレートをおすすめします。


登録アイテム数: 4件
  説明付き一覧    写真のみ一覧
  説明付き一覧    写真のみ一覧
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス