サンドブラスト 表面処理 ガンプラ、フィギュア、カーモデル、スケールモデルに使用できます。
ホーム サンドブラスト
商品一覧
サンドブラスト
商品並び替え:

サンドブラストは空気圧でメディア(砂状の研磨剤)を吹付け、表面処理を効率化するツールです。

以下のような使用法があります。

プラモデル:塗装の下地処理や表面処理
ガレージキット:レジンの表面処理や剥離剤落とし
金属パーツ:パーツ表面のつや消し加工
錆落とし:手の入らない部分や複雑な形状の金属パーツの錆落とし
ジーンズ:ダメージ表現
アクリル板・ガラス:マスキングをしてネームや模様入れ

エアブラシの容器にメディアを入れて、コンプレッサーにつないで使用します。
メディアの飛び散り防止のため、専用のキャビネットの中でブラストします。
そのまま吹くと部屋中が真っ白になり、床が砂だらけになるのでご注意ください。

上部のチャックを開き、エアブラシを中に入れ、チャックを閉めます。(チャックの隙間から ホースだけ出ている状態です。)
二つの手袋付きの開口部に手を入れて片方でエアブラシ、片方で対象物を持ちながらブラストします。
メディアはキャビネットの開口部から回収し再使用します。(掃除機のホースを差し込んで 吸引し、紙パックから回収する
方法もあります。)

1/24カーモデルの右半分をマスキングして吹きつけました。


マスキングをはがしてみると、左半分がつや消しになっており、ウィンドウのクリアーパーツがすりガラス状になっています。
2000番程度のサンドペーパーでごくごく薄く一皮むいた感じです。(深い傷はつきません)
サンドブラストの最大の利点は、細かいモールドの中まで表面処理が可能な点です。
ボンネットのエアダクトの中やフロントウィンドウ下部の縦の細かいモールドまでつや消しに なっているのが確認できます。


次は繊細なモールドがある飛行機モデルに吹きつけました。

画像ではわかりにくいですが、右半分の成型色がつや消しになっています。
微細なリベットやスジボリが消えることなく表面処理されています。

そのままの状態で、ツヤありのグーリンを塗装しました。

モールドが潰れることなく再現されています。 画像ではわかりませんが、サンドブラスト処理をした右側は微細な凸凹が
あるためツヤのトーンが若干落ちています。

塗装後にサンドブラストすると、完全なつや消しとなります。

さらに吹き続けると、塗装剥げ等のダメージ表現が可能です。

ポリキャップはラッカー塗料が食いつかないので、つや消しトップコートが出来ませんでしたが、サンドブラストを使用すれば
つや消しのポリキャップが簡単にできます。
キャラクターモデルのハンドパーツ等複雑な形状のものでも隅々表面処理が可能です。
(バリ・パーティングラインは消えません、残ったまま表面処理されます。)


ガラス瓶にマスキングをし、サンドブラストしました。


注意1 サンドブラストはバリやパーティングラインを消すものではありません。
一定範囲に均等の圧でメディアが当たるので、バリやパーティングラインの表面を薄く剥くだけです。

注意2  コンプレッサーの圧力は0.2〜0.3Mpa(0.2〜0.3kgf/cm2)程度が必要です。0.1Mpa程度でも表面処理はできますが、
作業効率が落ちます。(削ることができないと言うことでなく 削る時間がかかり、作業効率が落ちます。)
業務用コンプレッサーのように高い圧でサンドブラストすると、プラスチックのモールドがなくなる可能性があります。

注意3 エアホースの先端はM5ネジなので模型用のコンプレッサーをご使用の方は別売りのS(1/8)変換ネジをご購入下さい。
業務用のコンプレッサーの場合はサンドブラストセットに付属のS(1/4)変換ネジをご使用下さい。

注意4 サンドブラストは砂塵防止のため専用のキャビネットの中でご使用下さい。
使用中は防塵マスク、ゴーグルを装着してください。

 

登録アイテム数: 5件
  説明付き一覧    写真のみ一覧
  説明付き一覧    写真のみ一覧
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス