ガンプラに使用できるディテールアップパーツです。エッチング製のディテールアップパーツです。埋め込んで使用します。
ホーム | ディテールアップパーツ > エッチングパーツ idola【10%OFF!!】idola アーマーロックプレート1(角丸長方形)
商品詳細

【10%OFF!!】idola アーマーロックプレート1(角丸長方形)[idola22]

販売価格: 1,080円 (税込)
希望小売価格: 1,200円
数量:  個

アーマーロックプレートはキャラクターモデルの装甲に埋め込むディテールアップパーツです。

BMCタガネ ピンバイスを利用した彫り込みを利用できるデザインとなっています。

1/144・1/100スケールに使用しやすいサイズが揃っています。


■アーマーロックプレート1(角丸長方形)の埋め込み方法

※この作業には別売りの 『レクタングルガイド(idola21)』が必要です。


ピンセットでタブを掴みながら、ピースの目盛りと上部のモールドを目安にして、位置の調整をします。

瞬間接着剤の点付けで固定します。



ピンバイスを使用して両端を軽く彫り込みます。



残った中心部は彫る距離が短く、一方向からだと斜めに削られていくため、必ず反対方向からも削り
水平にします。

中心部が水平であれば接着剤を塗布できるので、両端は多少彫り込んであっても問題ありません。




デザインナイフを隙間に差し込んでピースを外して下さい。(画像は他の事例です。)


※怪我には十分ご注意下さい。

深さ0.2mmの角丸長方形凹モールドが完成しました。


※初めての方は慣れるまでジャンクパーツ等で試し彫りをしてから行って下さい。


矩形に比べ難易度は高いですが、モールドとピースがピタリとはまると意匠性が高まります。

 


モールドを利用してセンサー・飛行灯・翼端灯の表現をすれば、さらにディテールが深まります。


UVクリアーセットとアクリル塗料のクリアカラーを用意します。

UVクリアーはアクリル成分なのでアクリル塗料を混ぜることができます。

色を濃くしすぎると、UVライトの光が届かず硬化不良を起こすので、軽く色が付く程度にします。



爪楊枝の先でモールドに点付けした後、30秒程度UVライトを照射します。



簡単にできる、効果の高いディテールアップです。

原色の濃さが好みの場合は、一手間増えますが、透明なまま硬化させ、その上から筆を利用して塗装して下さい。 

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス